助産院の一覧見るにはネットが便利│不妊治療の方法なども紹介します

女の人

子どもができない方は

悩む男性

男性の不妊治療を進めて行くと、無精子症だと判断される男子が少なからずいるようです。無精子症は精液の見た目などから簡単に判断できるものではないため、病院で検査を受けてから診断されることがほとんどです。男性が不妊治療をすると多くの場合、精液検査をします。精液検査は基本的にマスターベーションで出された精子を採取するものなので、精液の提出を恥ずかしがる男性は少なからずいます。しかし、二人の子どもをつくるためなのでここは甘んじて受けいれて、お医者さんに提出しましょう。精液検査で採取された精液のなかに精子が極端に少なかったり、精子が全くいなかったりした場合は再検査が行われるようです。再検査でも精子がいないと精密検査が実施されます。これでも精子の存在が確認できない場合に、無精子症と判断されます。一言で言うと無精子症とは、妊娠させる能力が一般的な男性と比較して極めて低いということです。しかし、検査を受ける前から妻が妊娠しないから自分は無精子症だと考えている方もいますが、そうとは言い切れない場合もあります。夫婦生活を続けても妊娠しない場合は、妻側に不妊の原因がある場合や単純に精子の活動が鈍いだけだとも言えます。精子の活動は個人差がありますが、比較的に年齢が若い方が活発的だという研究があります。しかし、夫婦生活を数年続けてかつ妻に不妊の原因が無い場合は、夫が無精子症にお可能性があるので、病院で検査をすることをおすすめします。無精子症は実は妊娠させる能力が全くないというわけではありません。一般男性と比べて低いというだけなので、地道に夫婦生活を続けていけば、子どもは授かる可能性があります。しかし、できるだけ早く子どもが欲しいという方は、二人で病院を訪れて、一度お医者さんから話を聞いてみることが大切です。