助産院の一覧見るにはネットが便利│不妊治療の方法なども紹介します

女の人

お医者さんの指示に従おう

看護師

不妊治療の前段階として、精液検査をすることは今や一般的となっています。一昔前は不妊の原因は女性だと考えるのが社会通念としてありました。しかし、ここ十数年で不妊の原因は男性にもあるという考え方は社会的にも認知され始めています。男性の不妊として最初に考えられるのは、精子が活発的でないということです。精子の状態が悪ければ受精の確率は上昇し不妊となってしまいます。精子の状態を知る方法として最も一般的な手段が精液検査です。これにより、精子の状態だけでなく、精液の濃度や量、さらに奇形率や感染症いるか、など様々なことを調べることができます。精子を出す方法は基本的に男性による自慰行為であり、それをすることによって分泌された精液を検査します。病院で検査を行なうときは、病院の指示に従うこと最もいいとされています。自宅で検査するときは、自宅でマスターベーションを行なって検査をすればいいでしょう。しかし、病院に精液を持っていって精液検査を行なってもらうときは、精子はなるべく新鮮な状態が良好だとされています。射精から数時間たった精子は万全な状態ではないので、適切な診断ができなくなる可能性があります。精子を良好な状態に保つための噂は巷でたくさん流布していますが、そのなかにはトンデモ説のようなものがあるようです。それらを鵜呑みにするのではなく、もし病院から精液検査キットなどを預かったときは、担当医が言ったことを素直に守ることが大切です。お医者さんにお指示に従った方が効率的な妊活になるとされています。